機能別パーテーションの種類紹介

皆さんが利用される賃貸オフィスの多くは、一つの広い空間になっていて幾つかの部屋に分かれていることはほぼありません。しかし、企業によっては来客の対応スペースや、見えては困る作業スペースなどの為に仕切りが欲しいと考える場面があるでしょう。そんな時に最適な設備が、パーテーションです。借りている物件に大きな影響を与えることなく設置が可能で、大掛かりな工事が必要なく退去の際には元に戻せることがメリットです。またお値段も手ごろで、起業して最初のオフィスなど、設備に予算を回す余裕が少ない場合にも導入しやすいのではないでしょうか。パーテーションには一枚一枚分かれている衝立のようなタイプと、何枚かを連結出来るタイプがありますので必要な形の間仕切りを用意して使いやすい理想のオフィスを作ることができます。

仕切りの用途に対してパーテーションを選ぶポイント

パーテーションには非常に多くの種類があり、手頃な値段なのでついつい目移りして沢山置きたくなってしまう方もおられます。しかし、むやみに設置してしまっては逆に導線が悪くなってしまうこともあるので注意してください。全てを仕切ろうとせず、必要な空間を作るという考えで作り始めましょう。また、パーテーションは高さを選ぶことが出来ます。全てのものに高さがあると圧迫感が出てしまうので、デスク間には座った時の視線の高さのタイプを使うと手元だけが隠れますし、コピー機コーナーなどには立っている人が居ると分かる程度がおすすめです。またロッカールームや商談コーナーには完全に人が見えないような高さのタイプが必要でしょう。このように、オフィス内の用途に合わせて高さを変え、開放感を残した空間を意識してみてください。

おしゃれで使いやすい理想のオフィスも目指せます

では、実際に設置を計画していて利用しやすい個別の空間を欲しいと考えておられても、もう一段階踏み込んでおしゃれな空間にしたいという気持ちもあるのではないでしょうか。パーテーションには色々な素材やカラーがありますので、作りたいオフィスのイメージに合わせて選ぶことが出来、おしゃれで且つ快適な空間作りが可能なのです。例えば木目調で落ち着いた雰囲気作りや、ラダー状やクリアタイプで完全に視界は遮らないものの光や風通しの良い開放感を重視した空間を目指すのもいいでしょう。レザータイプは接客コーナーに合いますし、対応したパーテーションに組み合わせて利用できる鍵付きドアはロッカールームに最適です。このような種類のものを利用して、理想のオフィス空間を作ってみてはいかがでしょうか。