切らない脂肪吸引として話題のキャビテーション。新しい痩身方法として人気が出ていますが、実際のところその効果はどのようなものなのでしょうか。超音波を気になる部分に当てることで、脂肪を破壊し溶かすという新しいタイプの痩身技術は、エステサロンや美容クリニックが続々と参入している人気の施術です。痛くない、ダウンタイムがない、部分痩せができる、などいいことずくめのようですが、効果を実感するためにはもうワンステップ追加する必要があります。1回の施術でも数万円するのが当たり前なので、無駄にしないためにもしっかりと内容を理解して実践したいものです。運動や食事制限がなくても本当に痩せることができるのか。気になるメリットや魅力について、注意点とともにチェックしていきましょう。

マシンの性能よりも施術の内容をチェックしましょう

キャビテーションの魅力は何といっても辛い食事制限や運動をしなくても部分痩せができるということ。脂肪吸引のような痛みやリスクもほとんどなく、施術は横になっているだけで終了します。超音波を当てることで皮下脂肪に気泡を発生させ、細胞を破壊していくことで脂肪を溶かします。柔らかくなった脂肪細胞は老廃物として身体の外に排出されることが最重要ポイントです。そこで、施術のメニューが大事になってきます。まずは脂肪を溶かしやすくするために体を温める、施術後はリンパマッサージなどで老廃物を流すメニューが組み込まれていることを必ずチェックしましょう。脂肪が柔らかくなっても体内にとどまっただけでは効果が感じられません。脂肪がまた固まり出すまではおよそ2時間と言われているので、その時間内にしっかりとマッサージを受けることがポイントです。

痩せた実感が長続きする理由とは

キャビテーションの魅力の中には、リバウンドがしにくい、というものがあります。食事制限などでは食事量を戻した途端にリバウンドしてしまうということがありますが、キャビテーションでは一度痩せた部分はリバウンドしにくくなります。太る、というのは脂肪細胞が増えることではなく、脂肪細胞が大きくなることで身体に現れるので、脂肪細胞そのものを壊し、排出してしまう施術を受ければリバウンドしにくいのです。もちろん、長期間太る生活を続けていれば徐々に太っていくことは考えられますので、生活改善やエクササイズを習慣にすることも大事です。セルライトなど、頑固な脂肪の塊も柔らかくすることで解消できるので、年齢によって痩せにくいと感じている人にも効果があります。代謝をあげることでさらに効果も上がるので、身体を温める生活を心がけることもポイントです。